© 2018  Soushin Co.,Ltd.

新技術

国土交通省は、建設現場の生産性を向上させるため、測量、設計・施工計画、施工・施工管理・検査の全ての工程においてICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を取り入れた新基準「i-Construction 」を導入しました。
当社ではそれに対応し、「i-Construction 」を推進していくために新技術の習得、活用に力をいれています。

UAV

今話題の通称ドローンです。
従来ではトータルステーションで測っていた地形の二次元データを、UAVによる写真測量で三次元及び二次元データを作成できます。
従来方法より少ない作業量で行えますが、より精度を向上できるよう取り組んでいます。
また、UAVの登場により空撮が手軽に低コストで行えるようになりました。工事の完成写真を真上から撮影したり、災害現場や高所の点検作業などの危険箇所の状況撮影も行えます。

 

3Dレーザースキャナー

3Dレーザースキャナーとは、真下以外の全方向にレーザーを放ち地形を計測し、取得したデータより三次元および二次元データを作成できます。
起工測量および出来形管理で、従来トータルステーションで行っていたものをレーザスキャナーで行うことにより、工期短縮や作業効率向上などが望めます。
また、地形だけではなく構造物や文化財、建物の管理・点検、工場などの施設内の設備計画など様々な用途に使われています。

​取り組み
災害時における情報収集に関する協定

本巣市長と協定書を取り交わす

UAVの飛行実演

災害講習

UAVの飛行実演

遠隔地からの映像電送

ギャラリー

工事完成写真

工事完成写真

3Dデータ

3Dデータ(縦横断)

3Dデータ(出来形管理)